病を治す自然法則

0
     
    1 マンネリと固定した考え、生活をやめる

    2 逆の刺激を与える

    3 自分にあった強さの刺激を与える



    2013年09月24日のつぶやき

    0
      11:52
      歯型による食べ物の割合 http://t.co/Sqr9pbH9xR #jugem_blog

      歯型による食べ物の割合

      0
        臼歯  20本  お米

        門歯   8本  野菜

        犬歯   4本  肉

        お米6割、野菜2.5割、肉1.5割で食べると良いです。

        2013年08月5日のつぶやき

        0
          11:20
          8月19日(月)、20日(火)は、断食研修のため休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
          11:22
          夏は息切れの季節 http://t.co/5BJOOAk9Lm #jugem_blog

          夏は息切れの季節

          0
             
            夏は呼吸が浅くなる季節。

            胸まわりと太ももの裏のストレッチをすると

            呼吸が深くなります。

            2013年07月29日のつぶやき

            0
              10:44
              小食のすすめ http://t.co/2dpqxTciIY #jugem_blog
              10:55
              目を使ったら休める http://t.co/70xsfDN54z #jugem_blog

              目を使ったら休める

              0
                 
                目が疲れたら蒸しタオルがおすすめ。

                暑いお湯にタオルをつけてしぼります。

                6〜7分目を暖めます。

                (やけどに注意)

                小食のすすめ

                0
                   
                  よく噛んで、小食を心がけましょう。

                  心身ともに頑健になります。

                  江戸以前は一日2食でした。

                  2013年07月8日のつぶやき

                  0
                    10:07
                    熱中症5つのポイント http://t.co/NeHle9gL0K #jugem_blog
                    11:19
                    NHKあさイチ「ご用心!子どものヒール靴」 http://t.co/g8zDB22oO1 #jugem_blog

                    NHKあさイチ「ご用心!子どものヒール靴」

                    0

                      先週のNHKあさイチ で、子供のヒール靴について取り上げられていました。

                      子どものヒール靴、この季節は特にヒールサンダルが多く売り場に並んでいます。
                      街でも履いている子どもを見かけます。

                      番組は、まず小学2年生より毎年ヒールサンダルを履いていた、5年生の女の子の話です。

                      痛みを感じつつも、毎年履いていたら、サンダルを履いてなくても痛みが出てきたとのこと。

                      内反小趾(足の小指が内側へ変形)の手前の状態になっていたようでした。

                      次に、ヒールで足首をくじきやすくなることについて。
                      大丈夫だと思って気にしていなかったとのこと。

                      整形外科医の内田俊彦先生によると、ヒールを履いた状態だと、足首関節(距腿関節)の下にまだ筋肉がしっかりしていないので、くじきやすくケガに繋がります。

                      筋肉がしっかりしていれば、ある程度支えられるのですが、子供の場合はヒールを履くのなら3センチまで、長く歩く時は履かないなど履き分けを、とのことです。
                      あと流行の厚底靴も要注意だそうです。

                      履かせるのならば、その靴を履くとどうなるのか、を知った上で履かせてください。

                      こどもが足の異常をうったえたら、治療できますので来院ください。


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      profile

                      こじか整骨院
                      〒171-0044
                      東京都豊島区千川2-35-3 TEL 03-5986-2203

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode


                      ブログパーツUL5